蓄電池を知ろう

その前に太陽光発電について

いよいよ来年3月にFIT制度が見直しに入ります。

太陽光発電は年々売電単価が安くなりメリット無い!

こんな声を良くお聞きしますが

本当にそうでしょうか?

今年の7月22日に経済産業省でこんな

合同会議がありました。

再エネ型経済社会」の創造に向けて

~再エネ主力電源化の早期実現~

何となく難しそうですが話はシンプルです。

例えば太陽光発電という電源を育てるまでに

2003年RPS法を作り新エネルギーを取り入れる

理由

  • 環境汚染への対処
  • 地球温暖化問題
  • 新エネルギー源の確保などなど

しかし当時の太陽光発電システムはとても高価で

元を取るのが難しい電源でしたので様々な

  • 余剰電力買取制度、全量売電買取
  • 補助金
  • 税制優遇措置

を使い特別に育ててきた電源なんです。

それが2019年には太陽光発電の割合は全電源の7.4%を

占め、CO2の排出量も2013年度比約14%削減させる

事に貢献出来ました。

そして均等化発電原価もかなり安くなり普通に

電力会社さんの高圧電源価格と戦う事が可能にまで

なりました。

ならばもう「特別扱い要らないよね」と言う会議です(多分)

火力発電、原子力発電と同じ様にコンセントから

再エネが出てくる時代になれば主力電源化ですね。

先日埼玉県伊奈町にある株式会社恒電社の

恒石社長さんとZOOMミーティングしました時に

面白い事をお聞きしました。

サッカーJ2リーグの大宮アルディージャの

スポンサーをされておりますが

何とスタジアムの電気を全て再生可能エネルギーで

賄うそうです。そしてスポンサーさんがSDGsに

参加して地球環境や様々な活動をされることを

お聞きして時代の変化を感じましたね。

この8年間は最前線におりましたので本当に

面白かったしまだまだこれからが本番です。

でもよく言われるのは「再エネって不安定だよね」

この話はめっちゃ長くなるので後日書きますね。

ここから蓄電池のお話し

いよいよ太陽光発電は複合提案時代へ!

その一つのツールが蓄電池

最近問い合わせも多くなってきた会社さんも

多いでしょう。

そこで基礎知識を知ろう!

蓄電池の役割

  • 太陽光発電で貯めた電気を利用して自給率を上げる
  • 夜トクプランなど利用して電気代を抑える
  • 災害時に停電から守る

主にリチウムイオン電池、パワーコンディショナー

コンバーターで形成されます。

主にパワコンメーカー、電池メーカー、

システム構成メーカーがあります。

今日は電池を紹介します。

2019年主な家庭用蓄電池の電池部分メーカー

パナソニック、エリーパワー、TDK、GSユアサ

東北村田製作所京セラ、積水化学工業

中国のCATL(車載電池では世界シェア―No1)

韓国のLG科学、サムスンSDIなどが

日本に進出しております。

電池は何を使っているの?

リチウム電池の中身

正極にリチウムは

  • コバルト酸
  • ニッケル酸
  • マンガン酸
  • リン酸鉄
  • NCA(ニッケル/コバルト/アルミニウム)
  • 三元素(ニッケル/マンガン/コバルト)

を使いましてそれぞれ特徴があります。

①コバルト系

コバルト酸リチウム(LiCoO2)を使用する電池です。

1991年に世界で最初に商品化されたスタンダートな

リチウムイオン電池です。

原材料に使われるコバルトが大変高価で

モバイル機器など中心に使われております。

熱暴走する事でも知られております。

資料nite製品安全センター様引用

ニッケル系

ニッケル酸リチウム(LiNiO2)を使用する電池

充放電サイクルに優れており耐久性が高い。

しかし熱安定性低下、異物(金属)が混入すると

発火などの問題点もありました。

製品開発は2006年2.9Ah円筒型電池商品化

2009年には電池設計の最適化によって3.1Ahの

高容量となり中型から大型機器へ多くの製品への

電池電源として供給が可能になりました。

③マンガン系

マンガン酸リチウム(LiMn204)を使用する電池

強い結晶構造を持ち熱安定性が高く、原材料も安価で

(コバルトの1/10程度)車載用に使われております。

④リン酸鉄系

リン酸鉄リチウム(LiFePO4)を使用する電池

リンと酸素の結合が強く電池内部で発熱があっても

結晶構造が崩壊しにくい為、熱暴走が起きにくく

安全性に優れています。原材料もマンガンより

安価ですが製造コストが高くなると言う

デメリットもあります。

⑤NCA系

ニッケル、マンガン、アルミニウムから製造した

化合物系電池です。

ニッケルの問題点でもあった安全性を高めて

開発されました。

トヨタ自動車のプリウスにも使用されておりました。

⑥三元素系

ニッケル、マンガン、コバルトから製造した

化合物電池です。コバルト単体より安全性が高い

のが特徴です。

このほか、チタン酸系、リチウムポリマー系も

あります。

まだまだ電池部門でも開発競争が高まり

太陽光発電の様に商品性能が向上し、製品価格が

安くなる事に期待したいですね。

蓄電池市場は始まったばかりです。

是非みなさん、太陽光発電や蓄電池など

再生可能エネルギー市場に参入しましょう!

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

投稿者プロフィール

エネリード
エネリード
省エネルギー製品販売を支援する株式会社エネリードの代表の狩野です。社名の由来はエネルギーを通して企業や人を導くという意味です。住宅産業はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化の時代をいち早く導くことが必要です。そのために太陽光発電、オール電化、蓄電池など販売研修事業やまたコンシューマ向けセミナー支援を行っております。

前の記事

電力会社さんからご依頼

次の記事

太陽光発電大好き