ついにオール電化住宅に

オール電化の提案をカミさんにしておりました事は

前回のブログにしたためておりました。

こんなやりとりしてましたから半分くらいはカミさん

買っても良いと思っていたかも知れません。

ここからは実際に営業初心者の方は参考になる(と思う)

話ですからぜひお付き合いください。

場をちゃんと作る事

これって商談を左右するくらい重要と思います。

中途半端な空気間で商談は出来ません。

また立ち話で数十万円の商談も成立は難しいです。

たとえ家族であっても同じだと思いカミさんに

日曜日1時間話を聞いて欲しいと伝えました。

カミさんとちゃんと対面してオール電化の

プレゼンをしました。

①我が家の今の現状を説明

4人家族で1日に必要なお湯の約300ℓ 

簡単な内訳 

ユニットバスに入れるのが200ℓ シャワー1分間で約12ℓ

これを毎日プロパンガスで沸かすと

光熱費8,000円 毎日3回料理作って2,000円

約10,000円/月のガス代

これを1年で12万円 10年で120万円 

15年で180万円(機器代含まず)

②季時別電気料金の説明(当時東京電力は「電化上手」

出典:東京電力

深夜電力を利用してエコキュートなら

お湯で約1,000円/月

調理でも1,000円/月程度 と省エネPR

ガスの光熱費削減分で入替が可能

(80万円ですからシミュレーションでは9年位)

早く交換した方がお得!

またタイマーがある家電品

炊飯器、パン焼き機、洗濯機、食洗器

など深夜電力利用で光熱費を上手に節約可能

コントロール出来て火を使わない安心感

火事になる危険性も少ないと説明 

給湯器はエコで環境に優しくしかも省エネ

いざという時にタンクに湯、水があり

生活用水に出来る

燃焼する部分が無いので火災リスクも少なく

燃焼音もしない

何よりもこれから家族の為にずっとお料理を作る

カミさんの台所環境が快適になるプレゼンをしました。

はじめは上記のハードばかりカタログで説明してました

だから理解しづらく伝わらなかったのかなぁ?

ハードがもたらすソフト(生活提案)が重要だと気付きました

結果「どのメーカーにするの?」

バンザイ 認可がおりました(笑)

カミさんへのセールスがその後の営業トークになりました。

先ずは今の現状を金額でざっくり説明する(15年トーク)

ショールームで調理体験してもらう

生活提案の見積書を作り安心、安全、快適をプレゼン

早く変えた方が実はお得を光熱費で比較する

体験させる

体験から商品を理解できる

商品の価値に気付く

買う買わないの判断能力が産まれる

理解してない人にお金の話はタブーですね!

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

投稿者プロフィール

エネリード
エネリード
省エネルギー製品販売を支援する株式会社エネリードの代表の狩野です。社名の由来はエネルギーを通して企業や人を導くという意味です。住宅産業はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス化の時代をいち早く導くことが必要です。そのために太陽光発電、オール電化、蓄電池など販売研修事業やまたコンシューマ向けセミナー支援を行っております。

次の記事

売れた?!その1